【相性】技術向上編 - 意拳のタマゴ!

意拳のタマゴ! ホーム »  » 武術雑感 » 【相性】技術向上編

【相性】技術向上編

推手、断酒、あ、これは違う・・・断手、散手、乱取り、組手、スパーリングなど、格闘技においては相手と接触して練習するのが必要不可欠なのは、あたり前田のクラッカーという事で、今日は練習相手との相性について考えてみたいと思います。

これは私の乏しい経験の中でも、以前から非常に重要な問題だと感じておりまして、あえて「格闘技」という表現を用いさせていただきますが、「格闘技」という以上、まさか相手もなしに自分一人で「格闘」する人も少ないでしょうし、そんな事を公衆の面前でやっていると救急車を呼ばれかねません。

とにかく、「格闘技」上達のために練習相手は不可欠なんですが、私の今までの体験の中から、どんな練習相手が自分の技量の向上に効果的だったのか思い出してみると、例えば空手の約束組手など、自由度をある程度制約した種目の場合、自分と同等以上の技量があり、スピードや力加減を調節できる人だったような気がします。

私が経験した空手の世界に限っていえば、この「加減する」ということが出来ない人は、いつまで経っても上達しませんでしたね。

もちろん、自分よりも技量が下の人と練習する時でも、その時々で自分の課題を設定しておけば、それなりに練習効果が上がるのは当然ですね。
まあこれは、現在練習している「意拳」などの中国武術に関しては私が一番未熟なので考える余地もないんですが(笑)

また、フリーの組手やスパーリングなど、約束ごとが少なくなる(つまり本気度が増してくる)につれ、今度はスピードや力の調節度合の重要度が減っていき、自分よりも少しだけ技量が上の人と本気で手合せすることにより、技術が向上できたと感じます。

この「少しだけ」が重要なポイントで、このような本気度の占める割合が大きい種目の場合、余りに実力差があり過ぎる相手(自分よりも相手の方が遥かに上手)だと、その差を急激に埋めるのは困難なため、痛い思いをするだけで、その場での技術の上達度合が著しく低い事もありました。

もっとも、このテの種目でも、上級者が下級者用に合わせることは勿論可能で、いうなれば母親ライオンが獲物を絶命させない程度に傷つけ、子供に狩りの練習をさせるようなものでしょうか。


つかまえた



つらつらと自分の経験に基づいて書いてしまいましたが、ただ、それでも「やり易い」、「やり難い」という相性はあると思います。


いつもの推手の練習でも・・・
練習会には10年以上、師匠の元で修業している、私からすればラオウかケンシロウか(師匠は神)、というくらいの凄い先輩がお二人いらっしゃるのですが、メリーゴーランド先輩は接触した瞬間は柔らかく、お、なんとなくイケるかな~と思わせ、その実、野球でいうところの「隠し玉」じゃないですが、見えない所から力が「にゅ~」っと出てきて、いつもやられてしまいます。

もう一人の大先輩は、他の人が「石みたい」と形容していましたが、触れた瞬間から身体のどこが動いているのか全く分からず、まったくもって対処のしようが無いうちに、これまたヤラレてしまい、非常にやり難いです。

どちらにしろ、昨日・今日始めたような私とは全くレベルが違い、全然歯が立たず(てか、歯が折れるレベル)、すぐにヤラレてしまうのは同じなんですけど。

お二方とも「俺がやってるのって本当に意拳かな?」とか、「ここまでやっても意拳がわからん」とか謙遜しておっしゃり、また、「我々程度のレベルだったら、真面目に練習すれば必ずなれます。それより、我々と先生との差が凄いんですよ」


あかん・・・気が遠くなってきた・・・・

・・・・あのー、いくら考えても先輩方に追いつく気がしないんですけどー





お読み頂き、ありがとうございます。
ブログランキングに参加していますので、ご協力をお願いいたします。
下のバナーをクリックして下さい。(by Sin)

  ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

武道 ブログランキングへ

こんな私と「どうしても直接、連絡を取りたい!」という絶滅危惧種な方は、コメントに入力する際、非公開コメントとして「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて頂き、連絡用のメールアドレスを入力してください。追って、メールにて返信させて頂きます。

関連記事
コメント
非公開コメント

こんにちは!

https://www.youtube.com/watch?v=91NWZKkhMkU
UFCチャンピオンのフェザー級世界チャンピオン:コナー・マクレガー選手って知ってます?
動きが柔らかく練習の中で推手みたいなこともやってます。
ほんとにやわらかいうごき!!

2015-12-26 15:36 │ from kURL Edit

Re:k先生

こんにちは!

いつもコメント、有難うございます!!^^/


動画拝見いたしました。

ホントに柔らかい感じですね。

で、この動きとトレーニング方法がまた興味深いですね。

何なんでしょう?システマ?・・ともちょっと違うか。

もちろん中国武術とも雰囲気違うし。。。

「いかにも格闘技」的なトレーニング以外にも、こういうバランスとか体幹の訓練が大事、てか、こういうベースの上に格闘技が成り立っているという事なんでしょうね。

2015-12-28 09:04 │ from SinURL Edit