天才弟子現る! - 意拳のタマゴ!

意拳のタマゴ! ホーム »  » スポンサー広告 »  » 意拳練習帖 » 天才弟子現る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才弟子現る!

いつもの公園で、いつも通り丹田やら股関節やら脊柱を動かす基本功を行い、意拳式スワイショウなどを行っていたら、小学校低学年とおぼしき2名のお坊ちゃま方が寄ってきた。

「何やってるんですか?」

キター! こういうのが一番困る。
貴重な休日の1人練習、誰にも邪魔されたくないのに、だ。

無視するのも何なので、「ん?何に見える?」

早くあっちへ行ってくれ、という言葉を行間に挟んで返答したのだが、彼らにそんな事が通じるはずもない。


少年の一人が、「体操?」と聞いてきた。

面倒くさいので「うん。そうだよ」と、いかにも面倒臭さを前面に出して答えてみる。


このお坊ちゃま方はそんな事もちろんお構いなし。

横で勝手に私の真似をし始めた。


「なかなかキツイな~」などとマセた表現で感想まで述べちゃってる。

「カメハメハみたいだな~」

kamehameha.jpg


うおっ そこの少年!当たらずとも遠からず。なかなかスルドイではござらぬか。


しかしながら、キミたちの相手をしているほど、オジサンは暇ではないのだよ。
どう考えてもこのお坊ちゃま方には、お暇(いとま)あそばして頂くしかない。


おもむろに站椿を始める。

彼らも私に続く。


案の定、1人は5分も経たぬうちに我慢できず離脱。

うおっほっほっほー まずは狙い通り。小学生に站椿は無理だ。
さっさと飽きて、別の友達のところへ遊びに行ったようだ。


そして・・・10分、15分、20分・・・・

残りの一人は私の横で同じポーズをしているのだが、日に照らされて伸びた影で、彼がじっとしているのが確認できる。

む、むむ、私も少し腕が疲れてきた。


横を振り向くと・・・同じポーズのまま、じっと健気に動かずにいる。


も、もしやこの少年・・・
王向齋先生クラスの天才では??

王向齋先生の師匠、形意拳の郭雲深先生は、王先生の少年時代、その才能をいち早く見抜き、他の弟子たちとは区別して站椿のみをやらせたという。。。


さすがの私も少しばかり情が湧き(なかなかやるじゃあないか・・・)、「指は均等に張って、ボールを両手で掴んでる感じ。風船を胸の前に抱いて。柔らかくな。」


そして、ここまで頑張ったご褒美に、大人げなくも小学生相手に「体操」の正体を明かす。

「これは中国拳法の秘密の訓練方法なんだ。1時間できるようになったら、必ず喧嘩に強くなれる(本当か??)」

少年の目が輝きだす。(罪つくりですのぅ)

いつの時代も少年は、この「秘密」という言葉に弱いのものだ。



こっちも少し疲れてきたので、技撃椿へ。

彼も真似をする。

そこから更に5分か10分。
隣の影は動かない。

しょうがないので、更にレクチャー。

「前手は顔の前に、顎を引いて・・・」


「あれ?何やってんだ、俺。自分でさえよく分かってないのに。」


その後、さっきの離脱した「フツーの」少年が、天才少年を迎えにやってきた。
「もう帰るってさー」

どうやら学童保育で指導員に引率され、この公園に遊びに来ていたらしい。


帰り際、この二人の少年から「ありがとうございました」とお礼を言われ、
さらに、引率の指導員とおぼしき男性からも「ありがとうございました。」と会釈された。


・・・弟子を手放すのは残念だが、日本の将来は明るい。



お読み頂き、ありがとうございます。
ブログランキングに参加していますので、ご協力をお願いいたします。
下のバナーをクリックして下さい。(by Sin)

  ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

武道 ブログランキングへ

こんな私と「どうしても直接、連絡を取りたい!」という絶滅危惧種な方は、コメントに入力する際、非公開コメントとして「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて頂き、連絡用のメールアドレスを入力してください。追って、メールにて返信させて頂きます。


関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。