㉕ 意拳との遭遇 その3~澤井健一先生から王郷斎先生の意拳へ - 意拳のタマゴ!

意拳のタマゴ! ホーム »  » スポンサー広告 » 空手バカ時代・後編 » 意拳との遭遇 » ㉕ 意拳との遭遇 その3~澤井健一先生から王郷斎先生の意拳へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

㉕ 意拳との遭遇 その3~澤井健一先生から王郷斎先生の意拳へ

当ブログの「~序章~」から「空手道入門」にかけて、私の少年時代、いかに「空手バカ一代」及び「極真会館 故・大山倍達総裁」の多大な影響を受けていたのかについて述べさせて頂きました。

その後の私のエピソード(全然大した話ではない)については今後、順を追って綴っていく予定ですが、ここで、故・澤井健一先生についてご紹介させていただきたいと思います。

もちろん、といいますか、残念ながら、ご本人にお会いしたことはないのですが、前述の故・大山総裁とも親交があった方で、空手関係者(特に極真系)の間では、比較的知られた存在だと思います。

澤井

澤井先生は柔道・剣道の達人であり、戦前、中国で意拳創始者・王郷斎先生に挑むも全く歯が立たずに敗れたことから、必死の嘆願により王郷斎先生に師事され、戦後、帰国して師の許可を得て「太気至誠拳法(通称・太気拳)」を創始した方です。


王郷斎先生(澤井先生の先生、私の師匠の先生の先生の先生)
王先生



極真カラテのヤン・カレンバッハ先生や極真館の盧山初男館長をはじめ、実に多くの空手家が、澤井先生の実力を認めて師と仰ぎ、教えを受けています。

ちなみに、あの「ケンカ十段」こと、芦原英幸先生も、まだ黒帯ではなかったにもかかわらず、澤井先生から「君はもう黒帯だよ」と言われ、たいそう喜んでいた、とのエピソードもあるようです。


私が太気拳を知ったのも、盧山先生の著書「我が武道空手」
我が武道空手


がきっかけでした。


極真会館の大会で活躍された後、道場組手でヤン・カレンバッハに敗れた盧山館長は、体格に勝る人間には勝てないのではないか、と思っていたそうです。

「嵐五郎」のリングネーム(時代を感じさせますねえ)でキックボクシングのリングに上がっていた盧山館長は、ある日、公園で練習中、時々極真会館に顔を出して指導されていた澤井先生に出会ったそうです。

「どこからでもかかって来なさい」と言われ、老人相手だから、と軽く攻撃をしたら、澤井先生はスッと中に入ってきて、館長は尻餅をつかされたとか(この本は、嫁に勝手に処分されてしまったため、私の記憶のみで供述しております)。

本気になって、何度やっても同じだったそうです。

このエピソードは、社会人になって空手を再開した(高校を卒業後、空手からしばらく遠ざかっていた)私の心に、ずっと記憶されておりまして、それまで心の片隅に凍結されていた思いが、「あの若者との一戦」をきっかけとして、一気に解凍し始めたのでした。

澤井先生の太気拳の源流である、王郷斎先生の意拳。

これが、現在の師匠を訪ねる原動力となったのだと思います。

やっとの思いで師匠の連絡先を見つけ、緊張しながら連絡をしたところ、お会いできるとの返事を頂き、片道2時間をかけて、とある地方都市の公園で行われているという練習会へと出かけた私なのでした。


See you again…………


お読み頂き、ありがとうございます。
クリックしていただくと、さらに創作意欲が湧いてきます。(by Sin)

  ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

武道 ブログランキングへ

関連記事
コメント
非公開コメント

伝説

私も、大気拳の澤井健一先生の伝説に感動しました!小柄な老人が体の大きな空手の強い方を相手に簡単に一掃してしまう話に憧れました。小柄な私にとってはそんなことが出来るのかなというおもいです!Sinさんも凄い世界に魅了されたんですね~このあとが楽しみです♪

2014-12-06 07:52 │ from URL Edit

Re: 伝説

紅さん
おめでとうございます!「定期購読の読者ベスト100人」に選ばれました(笑)

意拳の技術については、まだ始めたばかりで、語れることはあまりありません。
なので、今の段階で感じていること、また、これまでの拙い空手経験や武術オタクの知識(これが結構膨大)を総動員して、かなり偏った切り口で楽しいブログを目指します!

今後も応援、よろしくです~

2014-12-06 10:19 │ from SinURL Edit

2時間ってすごい!!

2時間もかけて会うなんてすごいです。
SinさんのブログもT岡さんのブログと一緒で
突っ込みどこ満載なんでつい書き込みしちゃうんですが(笑)
僕も、古流空手や中国武術には興味があって
機会があれば習ってみたいと思っています。

いま極真にいた師範も体力がメインのフルコンルールに疑問を持ち
古流空手や中国武術を学び
極真から離れ独自で道場を立ち上げてる人も多いです

古くは西田師範や最近は数見館長(数見道場)、岩崎師範、
高久館長(錬空武館)などです。
西田師範は”空手!極意化への道”って本を出していて
沖縄空手、中国武術、合気道など習っていてすごいです。

この方の多くは城南支部(廣重師範)の出身の人で
西田師範は盧山館長と一緒に澤井先生に直接大気拳を習ったそうです。

2014-12-06 10:45 │ from kURL Edit

Re: 2時間ってすごい!!

k先生

まさにコメントの雨あられ、絨毯爆撃の如し。感謝感激であります。

k先生も好きですね~ 私と同じオタク臭がしますよ(クンクン)

総合格闘技の菊野克紀選手なんかも動きが独特だなあ・・と思っていたら、やはり沖縄空手の山城美智先生に師事されていたり、現代格闘技と古の武術の関わりなんかに凄く興味があります。

どちらが優れている、とかいう次元の低い問題ではなくて、そのエッセンスをどのように取り入れて表現していくか、ということではないでしょうか。

そのあたりの事も、たまにはブログで取り上げて行きたいなあ、とか、大それた事を考えている今日この頃、またk先生のコメント意欲を増大させそうな予感がいたします。

2014-12-06 12:48 │ from SinURL Edit

あたりです!!

僕も? 格闘技オタクです!!
ウエイト(筋肉オタク)→空手と格闘技オタクの王道(思い込み)
をいってます(笑)

いまは空手とM先生の紹介のとこでボクシング、キックボクシング、
寝技関節を練習していて
ここは同好会みたいなとこで格闘好きなオジサンたちが集まって
スパーをしているわけのわからん場所です。
月会費はないのでこづかいの少ない僕みたいな
オジサンにはいいとこです(笑)
最近は寝技関節(基本柔術)を教えていただいてて
これは打撃中心にやってきた人間には目からうろこで
面白い!ハマってます。

菊野克紀選手の話が出るなんてさすが!!オタク!
僕は木山師範の弾丸ファイターってDVDを持っていて
そのなかに、極真時代の菊野選手が映っていてびっくりしました!

2014-12-06 19:46 │ from kURL Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。