今年一番の収穫 - 意拳のタマゴ!

意拳のタマゴ! ホーム »  » 意拳練習帖 » 今年一番の収穫

今年一番の収穫


意拳は「求力」「試力」「発力」だという。

今のところ、どれが重要とかではなく、全てが繋がってループ状に向上していくものではないか?と感じている。

本質に至るために、きっと幾つかのアプローチ方法があって、どれも正解であってどれも正解ではない。


ん? どっかで聞いたような話だが、最近は本当にそんな感じがしている。





実は師匠の師匠、つまり「大師匠」にお会いしてからこれまで、家庭の事情とか色々あり、タントウさえ何日もやらない日があった。

で、久々の練習会。


師匠のアプローチ方法として(・・・多分)、推手を沢山やる。

意拳で通常行うやつの他の種類も、沢山やる。


まずは両肘を接点としたやつ。


これまで「このままずっと万年末弟か?」と思うほど、私の後に入会者がいなかったのだが(師匠、もっと宣伝して下さい!笑)、ここへ来てようやく、私にも数名の「後輩さま」が出来てきた。

で、後輩さまが私の両肘を掴む。


いつも通り、力と力がぶつかる・・・


ん? あれれ??


なんかいつもと違う感じ・・・


相手の力が自分の骨格を捉えていないというか。

同時に相手の骨格を自分が捉えてる感じ。


な、なんだコリャ〜!(◎_◎;)

気、気のせい?


試しにそのまま動いてみる。


「ヤられる感じ」がしない・・・



ちょ、ちょっとイイ感じじゃん‼️



そういえば師匠や高弟の先輩とやった時は、特に腕の螺旋を使われた感じはないのに、相手の「芯」を捉えてる感じが全くしない。

・・・で、当然のようにヤラレてしまうのが常なのだが。


今回は立場逆転だぜ(←単なるパワハラ?)






あー、待て待て。ひょっとして気のせいかもしれん。


私より1カ月ほど後に入会した「太気先輩1号」で試してみよう(←しかし実は大先輩)


お? おぉぉ? やっぱり同じ感覚だっ! ま、間違いないっ、た、多分・・・


つ、次は・・・


M師範!

このお方は私より大幅に先輩で、いつも笑いで腹筋を損傷させれているのだが・・・

今回は私が損傷させて進ぜよう。


ってだああぁぁぁ〜!


や、やられた・・・




つまり結論としては!


「ちょっとだけ力の方向、感覚が感じれるようになった」


でも先輩も進歩し続けてるので、いつまで経っても敵わない=つまり早く入会したもん勝ち



って事ですな。


お読み頂き、ありがとうございます。
ブログランキングに参加していますので、ご協力をお願いいたします。
下のバナーをクリックして下さい。(by Sin)

  ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

武道 ブログランキングへ

こんな私と「どうしても直接、連絡を取りたい!」という絶滅危惧種な方は、コメントに入力する際、非公開コメントとして「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて頂き、連絡用のメールアドレスを入力してください。追って、メールにて返信させて頂きます。





関連記事
コメント
非公開コメント