意拳はアートである - 意拳のタマゴ!

意拳のタマゴ! ホーム »  » スポンサー広告 »  » 意拳練習帖 » 意拳はアートである

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意拳はアートである

今朝も朝6時に起き、「よしっ、天気はいいゾ」と、張り切っていつもの練習会場の公園に向かったのですが・・・・

なんじゃこりゃ~

松田勇作 - コピー


じゃなくて・・・・

IMG_0072.jpg


車で2時間かけて行った先は、この通り!!

しかーし!
先週から風邪を引いてしまったものの、この日のために、会社を2日連続で早引けして、体調を整えていたのです。
こんなとこで引き返すわけにはいかん!!これぞ「背水の陣」である(←使い方が間違ってるぞ)

途中のコンビニで、慌ててネックウォーマーと軍手を仕入れたものの、途中、雪は止むどころか、ドンドン降ってくるばかりです。

「誰も居らんかったらどーしーよー」などと心配しながら現地に到着したのですが・・・・・

ワンピース


・・・・この位は集まっておりました。

何とか、定刻の9時には間に合いました。

降りしきる牡丹雪の中、まずは師匠から站椿(たんとう)の要訣を教わります。

「頭は髪の毛一本で上に引っ張られるように」、
「地面は足指でガシっと掴むのではなく、○○を××すると、自然に※※の△△が引きあがり、地面を掴む形になります。」

別に意地悪して伏字にしている訳ではなく、私の経験が浅く、間違って伝えるとマズイと思うことに加え、こういうものは感覚とその場の雰囲気がないと分からないものだと思うのです。
申し訳ありませぬ。

興味があるという希少な方は、ぜひ、きちんとした先生に就かれて学ぶことを推奨させて頂きます。

私は今の師匠以外の先生に「意拳」を習ったことがないので、他のところの事は知らないのですが、12月7日の記事「極真カラテと意拳 IN RUSSIA」の中の動画で紹介したような、やたらクネクネとした動きを、師匠の練習会でも行っておりまして、毎回、本格的に体を動かす前段として行っているものですから(正確には若干、カタチの違い等はありますが)、「身体操作の練習を兼ねた準備運動みたいなもんかなぁ」くらいにしか思っていなかったのですが。。

以前、K会館空手の対人練習が多かった事を書きましたが、師匠の練習も、やたら対人練習が多く、この日は朝9時から午後2時までの5時間の練習の中で、対人練習に3時間くらい割いていました。

で、その中で、相手が自分の手首を、上から両手でグッと掴んでいるのを振りほどく(いわゆる関節技ですかね)練習をしたのですが、前述の「クネクネ」した動き、もう少し詳しくいうと、肩から肘、手首の関節をフワッと連動させて動かすと、なんと、簡単に外せてしまうのですね。

「おーーーーー!!なんで??」って、自分でも不思議に思うほど、力を使わず、簡単に。。。。

最初は、たかが「準備運動」と思っていたものが、実はすべてに繋がっている。

そんな事を実感させられる出来事が、1日の練習の中で、他に何度もあるのですよ。

意拳は、アートである

全部紹介すると長くて書ききれないので、また、少しずつ書いていきたいと思います。


お読み頂き、ありがとうございます。
クリックしていただくと、さらに創作意欲が湧いてきます。(by Sin)

  ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

武道 ブログランキングへ


関連記事
コメント
非公開コメント

すごいです!!

凄すぎです
雪のなか5時間も練習なんて
さすがオタク、変態、変人じゃなくて(すんません(笑))達人を目指すだけあって
真似できません。

”意拳は、アートである”
ちょっとこれわかる気がします
沖縄でまだ空手が手(ティー)とよばれていたころ
沖縄舞踊に隠して手を習ったそうです
空手の型で棒の型を見ると
舞踊を観てるようです。

2014-12-16 22:12 │ from kURL Edit

Re: すごいです!!

k先生

おおお~、分かっていただけますかぁ!!
変態には理解者が必要なのですよっ(感涙)

沖縄の「手」も、そのような歴史があるのですね。初耳でした。
それぞれの格闘技の歴史なんかも調べると面白そうですよね。

最近、思うのですが、格闘技って、自己の肉体を使った「自己表現」ともいえるのかな・・・と。

実利を求めた結果、表現されるものは、やっぱり美しいのでしょうね。

k先生のオタク魂に共感!!の1票です。


2014-12-16 22:53 │ from SinURL Edit

さすがです!

"自己の肉体を使った「自己表現」"この言葉
古流空手の探求そして作家の今野敏さんも
琉球空手バカ一代って題の本の中で同じ表現をしてました!!
T岡さんや Sinさんは考えてることをうまく言葉であらわすことができるので
アホな格闘技オタクの僕とはやっぱ違います。

ぼくも最近Sinさんの影響でちょっと前に買った中国拳法の本を
また読みかえしています(書いた人は 山田 英司さん?)

2014-12-17 23:26 │ from kURL Edit

Re: さすがです!

k先生

山田編集長はともかく、今野敏さんの話も出ますか!
さすか格闘技オタクさまは一味違いますねぇ
確か、常心門の出身だったような。
私は空手関係の書籍は結構読んでいるのですが、太気拳以外の中国拳法はあまり読んでないなぁ。こんなブログ書いてるくせに、不勉強でイカンですね。
週末に本屋行って修行してきますわ。

2014-12-19 08:05 │ from SinURL Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。