意拳は芸術でもある - 意拳のタマゴ!

意拳のタマゴ! ホーム »  » 意拳練習帖 » 意拳は芸術でもある

意拳は芸術でもある

前回からの続きであります。

降りしきる雪の中、公園での練習会は、5時間に及ぶ過酷なものでした。(でもホントは、もっとやりたい)

レンジャー


師匠は意拳だけでなく、八卦掌や太極拳など、様々な武術に精通しておられます。

毎回の練習の中でも、意拳の技法だけでなく、「これは太極拳の練習方法ですが・・・・」、「これは八卦掌の歩法」などと断ったうえで、様々な練習を行います。

その中で、攻撃側と防御側に分かれ、攻撃側は相手の胴体の中心を思い切り押して相手を崩す。
防御側は、その力を逃し、時には逆に攻撃側の態勢を崩す、というような練習もするのですが。

普段は、弟子たちの攻防を師匠が見て、色いろとアドバイスを頂くのですが、この日は幸運にも、師匠に直接、手合わせをして頂く機会に恵まれました。

「Sinさん、思いっきり攻めて来て下さい」

思い切り師匠の胴体(体の中心)を押して、体勢を崩そうと試みます。

あ・・・・れ・・?  師匠がほんの少し体をずらした(・・・ように感じた)だけで、自分が崩れて踏ん張れない。

「うし!もう一度!!」

あーーーー 痛てててて!!!  私の手首の関節が捻られ、思わず、地面に転がりそうになる。
地面が雪でぬかるんでいたため、私が転倒して泥だらけになるのを避けてくれたようです。・・・・ホッ

泥


泥だらけのジャージを持って帰って、嫁に怒られる危機だけは回避出来ました。

ミサイル


以前、晴れた日に、身体操作だけで、マジで地面に転がされた事がありますから!

トラ


決して師匠が私の腕を掴んで捻ったとか、そんな事は全くなくて、あくまで胴体の「身体操作」だけで、ですよ。。。。。。
私が圧力を加えて崩されるまで、1秒か、多分2秒はかかっていないでしょう。

師匠の胴体に触れた直後、見事なまでに重心を奪われている。
 
空手をやっていた時も、突き蹴りだけでなく、「相手を投げる」などといったこともやっていましたが、これはもう、全く次元が違う

「人間が立ってバランスを保つ」、その条件を、見事に奪っている訳です。

バランス

てか、攻めてるのは、私のはずなんですが!!!

その後、ほかの兄弟子たちが見守る中、そんな事を延々と繰り返しておりました。
時間にすると、10分か、15分か、30分???(←30分は盛りすぎだっ)

「幸せな時間」というものは、あっという間に過ぎ去るものですね。

私は、何かの動画のように、「触れずに倒す」とか、「相手に気を送って吹っ飛ばす」などという事は、何があっても信じない、ロマンのない男です。

かめはめは


空手時代も、「かっこいい」、「美しい」、「黒帯○○段である」などという事はどーでもいいことで、ただただ、「実際に使えるか」だけをを考えておりました。

正直、「中国拳法なんぞ、オタクの妄想集団」と思っていたフシも、無いわけではナイ。

しかし世の中、広いもんですね。


お読み頂き、ありがとうございます。
クリックしていただくと、さらに創作意欲が湧いてきます。(by Sin)

  ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

武道 ブログランキングへ


関連記事
コメント
非公開コメント

感動♪

意拳は芸術である!を拝読させてもらいました~私達には未体験の領域ですが、きっと自然法則や身体の事を理解してい行くことが必要かな。楽しそうな印象ですSInさんもどちらに住んでおられるかはわかりませんが~転んでケガの無いようにしてください。

2014-12-19 11:12 │ from URL

No title

2時間かけて稽古に行き、雪の中で5時間稽古する変〇がいるとは・・・。驚きです(笑)。
私の柔道の白髪の師匠も、相手の重心の移動を読み取る天才です。ちょっとした体重移動の隙や乱れを読み取って、切れ味の鋭い足払い。乱取りの最中に気が付くと天井を見ていたことが、何度あった事か。
もちろん師匠は私が脳震盪を起こさないよう丁寧に投げてくださいます。
じじい恐るべし。達人恐るべし!

2014-12-19 18:02 │ from T岡URL Edit

Re: 感動♪

紅さん

そうですねー 自分の身体の事、わかっているようで、実は殆どわかっていないのでしょうね、私のようなフツーの人は・・・。
マーシャルアーツや舞踊は、自然法則や身体の事を解明する「合鍵」のようなものかもしれませんね。
もう若くはないので、怪我をしないよう気を付けまーす^^v

2014-12-20 07:21 │ from SinURL Edit

Re: No title

T岡さん

いつもコメント、ありがとうです。
T岡さんも、良い師匠に恵まれてますね。
そう、そうなんですよ!年をとって白髪の老人になろうが、技術で若さを凌駕できる事って、実際にあるのですよね。
私は最近、仕事の気苦労で(?)白髪だけは増えてきましたが、どーしても私の師匠やT岡さんの柔道の師匠のようになれるような気がしないのは、気のせい?
多分(というか、絶対?)同じようにはなれないでしょうが、少しでも近づくことが出来るよう、しつこく諦めないで練習するぞー

2014-12-20 07:42 │ from SinURL Edit