⑮ 男だったら理屈をこねるな! - 意拳のタマゴ!

意拳のタマゴ! ホーム » 空手バカ時代・後編 » 空手道再入門 » ⑮ 男だったら理屈をこねるな!

⑮ 男だったら理屈をこねるな!

社会人となって空手を再開した私は、嬉々として毎回の練習に参加したものでした。

一回の練習は約2時間かけて行われ、最初の一時間は準備運動と基本技をぶっ通しで行い、後半の1時間はミットまたは約束組手を、これまた1時間ぶっ通しで行うという、運動不足のサラリーマンにとっては、少しばかりハードなものでした。

うさぎ跳び

練習の後半を始める際に、師範が「各自で組を作ってミットを持って下さい」といえば、その日はもう、ミット打ちだけしかやらない。

また、「各自、防具(サポーター)を着けて下さい」といえば、これはもう、その日は練習終了まで約束組手しかやらないわけです。


まあ、月に1、2回は、約束組手の後、軽い組手を行っていましたが、空手のような瞬発力を要する打撃系格闘技の場合、1時間ぶっ通しで同じ種目を繰り返すというのは、経験した方なら分かると思うのですが、体力的にかなりキツイものがありました。

うさぎ跳び2


数多くの種目を少しずつこなす、という指導方法も、当然、あって然るべきものなのでしょうが、空手から遠ざかって久しかった私にとって、忘れかけていた動きを再び体に染み込ませるという意味においては、この練習方法は、当時の私にとって、いかにも効果的であったと今更ながらに感謝している次第であります。

養成ギプス


また、他の先生のクラスのことは知りませんが、この師範のクラスでは、相手の道着の肩口を掴んでバランスを崩し、側面に回って死角から回し蹴りで相手の顔面を蹴ったり、顔面パンチの約束組手なども練習させていただき、通常のいわゆる「フルコンスタイル」の空手だけでなく、色いろなことを教えていただきました。

前回の記事で述べた通り、技術的には私が高校時代に経験したK会館H道場のスタイルと共通するものがあり、比較的すんなりと体に通すことができ、非常に良い経験になりました。

そんなこんなで第二の空手人生を謳歌していたのでありますが、その後、アルバイトの会社務め(クドいようですが本職は武術家ですっ)で人事異動があり、またまた少しの間、一時、休会を余儀なくされたのでした。

これから更に、話は盛り上がっていきますよ~!!!



お読み頂き、ありがとうございます。
クリックしていただくと、さらに創作意欲が湧いてきます。(by Sin)

  ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

武道 ブログランキングへ

関連記事
コメント
非公開コメント

N師範

僕もお世話になりました。
師範が退会するまでの1年半ほどお邪魔しましたが
3年は通いたかったなぁ~
ほんと突き、蹴り、掴みとなんでもできた師範でした。
特に掴みは上手く一番の得意技って言ってました。


師範のたてに落とす上段の回し蹴り、慣れるまで時間がかかったぁ!!
始めての前蹴りのさばきの時いきなりたてに落とされてタイミングをずらされました。
懐かしいです。

2015-01-04 08:43 │ from kURL Edit

Re: N師範

k先生

そーそー!

すっかり忘れてましたが、あの回し蹴り、どうしても当たっちゃうんですよねえ

受ける時、「顔を背けないでください」っていつも注意されるんですが、見ててもどうしても当たっちゃう。(笑)

懐かしい思い出です。


2015-01-04 09:01 │ from SinURL Edit

N師範の蹴り

N師範の蹴りは一度膝を抱え込んだ後一瞬ためを作って蹴るので
普通の上段とはタイミングがずれますので捌いたつもりが
手が下がった後に当たります。

受けるときに手を顔から離さないこれがコツですかね!!

ところでSinさんって、前流派に入門したのもだいぶ前そうなんですが、もしかして僕よりだいぶ先輩ですか?

2015-01-04 20:57 │ from kURL Edit

Re: N師範の蹴り

k先生
>
> ところでSinさんって、前流派に入門したのもだいぶ前そうなんですが、もしかして僕よりだいぶ先輩ですか?

いえいえ、私の方が後輩ですよ^^

N師範のクラスで一度だけ、私が黄色帯の時に組手させて頂きましたが
k先生は既に茶帯でした。

次にお会いしたのは、k先生が黒帯になった後、審査会でしたよー

確か、私は緑か緑ラインの頃だったような・・・

あの頃は、純粋に空手が楽しかったです。

2015-01-04 22:47 │ from SinURL Edit