意拳・「やっつけ仕事」ではない - 意拳のタマゴ!

意拳のタマゴ! ホーム »  » 意拳練習帖 » 意拳・「やっつけ仕事」ではない

意拳・「やっつけ仕事」ではない

今日も意拳の練習会でした。

新年明けてから練習の頻度が多くなり、嬉しい限りであります。

師匠、出来るだけ毎週お願い致しまっす!

週2でも土日なら通えますし!!

今の部署は出張や転勤が多くいのですが、毎年「希望調書」というものを会社に提出しており、来年は練習会が行われている県の事務所に転勤希望する事に決めましたからっ←いやマジで

さて、意拳の練習であります。

本日も師匠は早めに到着しておられ、ここぞとばかり站椿についての質問をさせていただきました。

站椿を行う際、「足指で地面を掴む」という表現をされるのですが、実際に足指で地面を掴む程度はいか程のものか?

我ながら、こんな部分的な事を聞いても仕方ない、といいますか、質問の質が非常に悪いのは分かってはいるのですが、超初心者に分類されている私としては分からない事だらけでありまして、少しだけでも全体像を知る手掛かりになれば・・・と藁をも掴む思いで質問してしまうのですね(恥;)

それにも関わらず、師匠は実に客観的に、初心者にも分かりやすく端的に説明されました。

それを要約すると、「足指に全く力を入れないわけではない。站椿は固まったカタチではない。人間が立っている姿がそもそも站椿なのだ」という事なのですね。

もちろん、これは超大雑把に私が表現した結果であって、具体的には、その時の足指の使い方から意識の持ち方まで指導して頂きました。

今回は家に帰ってから雑用が溜まっておりまして、ブログの更新も「やっつけ仕事が丸わかり」になってしまいました。

あははははー

来週は月~金まで出張ですが仕事はテキトーに流して愛機「i Phone 6」で更新してみたいと思います。

ですが!

なにせアイフォンですから、画像の挿入や飾り文字など、細かい作業は出来ませんので「文章」一本で勝負することになるでしょう。

空想小説家 Sin としては望むところなのであります。


お読み頂き、ありがとうございます。
クリックしていただくと、あなたの仕事の能率も上がります。(by Sin)

  ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

武道 ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント