意拳動画(理系編) - 意拳のタマゴ!

意拳のタマゴ! ホーム »  » スポンサー広告 »  » 武術雑感 » 意拳動画(理系編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意拳動画(理系編)

冒頭から言い訳させて頂きます。
最近、仕事と家の用事が忙しく、なかなかブログのアップができていません。
日本全国70万人の意拳修行者を含む、当ブログの読者の皆さまには誠に申し訳なく思っております、ハイ。

本来、私の中では
意拳の練習(本業)>>ブログの更新>サラリーマン(副業)>家の用事

という優先順位のスキームが常識なんでありますが、諸般の事情により

家の用事≧意拳の練習(本業)>サラリーマン(副業)>ブログの更新

というような状態に成り果てやがっておりまして、

それでも、何しろ意拳関連のブログでありますので、自らの練習なくしてブログはあり得ない訳です。

えー、甚だ簡単ではありますが、以上をもちまして更新の挨拶とさせていただきます。


・・・・・ああああぁぁぁ~! イカン!! これじゃあ終わっちまうじゃないかっ


という訳で(←どんな訳だ)、とりあえず平和な週末を迎え、今週末は意拳の練習会がないので、家の用事を今日中に済ませ、明日の日曜は朝から空手時代の師伯と一緒に練習する約束なのです。

まあ、それにつきましても、幸運にも私に「暇」という一文字が巡ってきた際には順次、UPしていきたいとは思っていますが(決して軽々しく約束なんぞできませぬっ)・・・

ところで、またまた話が急に切り替わったりはするものの(←日本語がヘンなのはワザとですよ!)、意拳の動画を見てて、以前からちょっと気になってたのがありまして




メガネを掛けた、この理系顔の先生





字幕を見る限り、どうやら香港の先生らしいのですが、パッと見、顔だけ見ると・・・??(後は察してください)





まあ、私なんかより、とんでもなく巧いのだけは間違いない。

紹介ついでに、もう一つ、載せときます。





師匠から、その師匠筋の先生の話などはよくお話をお聞きしたり、動画を拝見したりする機会も多いのですが、この動画の先生はどうなんでしょう?

ちょっと気になります。。。


お読み頂き、ありがとうございます。
クリックしていただくと、今日一日、幸せに過ごせますよー(by Sin)

  ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

武道 ブログランキングへ

関連記事
コメント
非公開コメント

顔面有り素手の格闘技

Sin様、こんにちは!
動画を拝見しましたが、いきなりシャドーボクシングから始まったので、ちょっとびっくりしました。相手のパンチを平手でパチパチと捌くさまは、以前k先生が極○長○川道場の技術として教えていただいたものと非常によく似ているとおもいました。
この先生は、パンチのミットで、フックを平手で打つんですね。凄く合理的ですねえ。

2015-03-08 04:51 │ from T岡URL Edit

おはようございます。

武術では二の手はないと思うので、武術を
スポーツ的に練習すると何かと無理が出てくるような気がします。

T岡さんのブログでも書いたのですが他流派でもゴタゴタはどこでもあるようで
昔からの道場のままだと今の時代には合わないかもですね。


2015-03-08 10:42 │ from kURL Edit

No title

動画見る限り理系というか、普通の人ではないでしょうか。達人とか熟練者でなくごく普通の意拳が好きでやってる人。
なんかスポーツライクで私は好きにはなれないですね。

2015-03-10 21:58 │ from ああまちゃんURL Edit

Re: 顔面有り素手の格闘技

T岡さん

こんにちは!

意拳の散手(空手でいう組手に近いもの)は、ボクシンググローブを着けて行ったり、太気拳のように掌で行うものなどありますが、それぞれ長所短所はあるでしょうね。

ただ、その動きの元となる原理は同じはず(私の浅はかな知識によると、ですが)です。

いつもは、自分の師匠のそのまた師匠の動画などを見ることが多いのですが、ちょっと、この理系顔が気になって載せてみました(笑)

最近、いろいろ事情があって、なかなかブログの更新が滞っていますが、これに懲りずコメントお願いしますねっ^^v

2015-03-14 20:49 │ from SinURL Edit

Re: おはようございます。

k先生

いつもご来店、有難うございますm(_ _)m

確かに、動画の練習はスポーツちっくな雰囲気のような気もしますが。。。

何かの本で読んだのですが、ある高名な中国武術の先生も、現在の中国散打について
「打ち合うからダメなんだ」とおっしゃっていたとのことで、武術の本質を突いた名言だと思いました。

私の師匠も言っていましたが、意拳のような拳法は大人数で一斉にやるには向いていないとのことで、現代にマッチし辛い面もあるかと思いますが、それに逆らってでも、やはり古の武術にロマンを感じてしまう今日この頃、です。

2015-03-14 21:02 │ from SinURL Edit

Re: No title

ああまちゃん様

コメントいただき、有難うございます。

>達人とか熟練者でなくごく普通の意拳が好きでやってる人。

や、やはりそう思われますかっ

実は私もなんとなくビミョーな感じが・・・・・

私が参加させて頂いている練習会では意拳だけでなく、形意拳や八卦掌、太極拳なども補助的に練習していますが(もっとも私は中国武術自体を始めたばかりの超々初心者なので基本中の基本だけですが)、王向斎先生や二代目の先生方も、初めから意拳だけを練習されたわけではないので、こうした練習も必要だそうです。


以前は空手をやっていて、自分の中では「実際に使えるかどうか」が基準なのは確かなのですが、歳を取ったせいか(?)上のコメントにも書きましたが、こうした練習に取り組んでいると、古の武術に思いを馳せてしまいますね(自己満足)

2015-03-14 21:27 │ from SinURL Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。