雲の上・つむじも焼ける意拳 - 意拳のタマゴ!

意拳のタマゴ! ホーム »  » スポンサー広告 »  » 意拳練習帖 » 雲の上・つむじも焼ける意拳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲の上・つむじも焼ける意拳

今週末も意拳の練習会に参加させて頂きました。

雲ひとつない快晴の青空の元、6時間以上も練習場所である公園に居たものですから、家に帰って嫁が開口一番、「何?今日は飲み会?

・・・車で行ってるのに、それはないだろー

余りに日差しが強かったものですから、色白な性質(たち)の私は、真っ赤に日焼けしてしまったようです。

嫁が言うには、顔や腕だけでなく、つむじ(頭頂部)も真っ赤になってるらしいです。

髪が伸びてきたので今日あたり床屋へ行こうと思っていましたが、恥ずかしいので止めとこうかなー

人間って、つむじまで日焼けするんですね。40年以上生きてきて、初めて知りました。


さて、我々の練習会場である秘密の公園は市内からかなり離れた場所にあり、その市内からも随分離れた場所に住んでいる(そもそも県が違う)私は当然の如く、本当は自家用ジェットで通っているわけですが、

自家用ジェット


「今日はちょっと早く着きすぎるなー」などと思いながら段々近づいてくる公園をコクピット越しに見ていると前方にタクシーが・・・

周りには田んぼと山しか見えない、こんなリゾートちっくな場所にタクシー?!

もしや・・・

そう、タクシーから降りてきたのは、はるばる遠方から4時間半かけて通っているという、(私の中では)通称・太気先輩ではありませんか。

なんでも、バスが無いため(十分理解できマス)、最寄りの駅(←全然近くない)からタクシーで来たそうな・・・

話によると、普段は週2回、太気拳の道場に通い、それにも飽き足らず(失礼)ここまで意拳を習いに来ているとのこと。

すげー
週3回とは、羨ましいと同時に熱意に頭が下がりますです。
新幹線と在来線とタクシー、一体、いくらかかるんでしょうか?(←大きなお世話だ)


今回は試力(しりょく)の練習で、師匠から「各自、好きな試力をやってみて下さい」と言われ、各々その場で試力を行い、師匠が見て回ったのですが

私はというと、取りあえず一通りの形は教えて頂いたものの、何一つ満足に出来るやつはなくー

でも取りあえず、勾掛(こうか)試力をやっているとー

師匠が回ってきて、肘が開き過ぎていること、前後の動きは指先や腕だけでなく、体中全ての面で力を出すこと、意識と体を合わせる事など、具体的に指導していただきました。

師匠はよく、「站椿だけやってれば上達するわけではなく、試力、発力など、色いろな練習を総合的にやらなければならず、それぞれ繋がっていて最終的には站椿になるが、その站椿は前回のものとは質が違う」・・・というような事を言われるのですが、試力においても「これはナントカ試力」とうような、決まりきった一つの正解ではなく、きっとそれぞれの動作・意識が関係しあって少しずつスパイラル的に上達していくのではないかという・・・←単なる私の思い込みですか(恥;)

さてさて、その後は恒例の対人練習。

お互いに腕を上下に接触させ、一方は勾掛(こうか)で相手の腕を持ち上げて左右に開き、もう一方は扶按(ふあん)でその腕を下に下げて左右に開く・・・・文章にすると知らないには人はまったくわからんですね、きっと。申し訳ないm(__)m

以前、腕を持ち上げる際は逆に肘を下げる意識で、と指導を受けたため、その後自主練習だけでは飽き足らず、通勤途上などでもでスーツ姿のまま腕を上下させて勾掛の動作をするという奇行を繰り返したご利益はあったのか・・・よく分かりませんが(笑)

推手では、今回は先輩(←もちろん私などより断然強い)が師匠の相手を務め、延々とバランスを崩されまくり、知らない人が見たらヤラセとしか思わないだろうなぁ、きっと・・・などど思いながら、見事過ぎて笑ってしまう(でも目を皿のようにして観察してます)のでした。

はぁ~、意拳への道は遥か雲の上です。

でも諦めないぞー


お読み頂き、ありがとうございます。
クリックしていただくと、日焼けが防止できます。(by Sin)

  ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

武道 ブログランキングへ

関連記事
コメント
非公開コメント

No title

お互いに試力で力を掛けあう練習たまに練習に参加する大先輩とやった事あります。
体調が悪かったのと練習を始めたばかりの頃だったので同じ練習を延々と繰り返し疲れて気持ち悪くなりました。自分は発力を出来ない段階なんですが個人練習で站椿と試力を少しやる位です色々やって向上するの物でしたら出来るだけやろうと思います。確か王向斎老師は站椿は練習時間の三分の一だか三分の二やりなさいと書いてた様な気がします。

2015-04-02 17:14 │ from いURL Edit

い 様

こんにちは!
コメント、有難うございます。

ただでさえ意拳の練習者の方は少ないので、書き込んでいただけるのを大変、楽しみにしております。

私の平日、仕事が終わってからの一人練習ですが、最初は取りあえず、站椿、試力、摩擦歩、発力など、習ったことを広く浅くやっていましたが、師匠にお聞きしたところ、師匠も練習の大半は站椿に費やしており(それだけでも私にはビックリするくらいの長時間なのですが)、他の練習は本当にほんの少しだけ、とのことでしたので、私も仕事のある日はタントウと試力をやり、週末の時間のある時にその他の練習もやるようにしています。

あとは練習会での対人練習や、練習会がない週の週末は、空手時代の師伯に頼んで強引に推手の練習に付き合ってもらってます。ついでに、たまには殴り合いの勘を忘れないように、良いか悪いか分かりませんが軽い組手(意拳でいうところの散手?)もやったりしてます。

い様も社会人ですか?それとも学生さんでしょうか?

時間の使い方というのは難しいものですね。

お互い、頑張りましょう^^/

次回のコメント、楽しみにしてますよ~

2015-04-04 07:45 │ from SinURL Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。