武術と無菌状態の関係とは(哲学ちっくに) - 意拳のタマゴ!

意拳のタマゴ! ホーム »  » スポンサー広告 »  » 武術雑感 » 武術と無菌状態の関係とは(哲学ちっくに)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武術と無菌状態の関係とは(哲学ちっくに)

本日は恒例の意拳練習会・・・のはずだったのだが、予定が変更となり、明日に延期された。

故に、本来なら近所の公園で独り練習をしていなければならないのだが・・・何故かこうしてPCの前に座り、ブログというものの執筆に取り組んでいる。

「執筆」というくらいであるからして、本来なら「筆を執って」モノを書く作業のはずなのだが、何故か2ちゃんねらーと呼ばれる人種と同じく、キーボードをタッチするという作業に置き換えられている。

なんなんだ、これは。。。。。


以前、会社ネタで、激烈に厳しい(というか、理不尽極まりない)上司に仕えることとなり、日々、自分なりに権謀術数を駆使して、生残りを賭けたサバイバルを行い、何とか無事で生きていることは既に述べた。
私のデスクの正面に座っている、ひ弱な「のび太くん」が、その上司から銃撃されているのを、たまに助けていることも。

それがどうだ、ある日、のび太くんは幹部(ウワサの上司ではない)に呼ばれ、席を立って長い事デスクに戻って来ないものだから、「なんか不始末でもあったのかなぁ?」と少しだけ心配していたら、突然、彼だけ事務所内での席替えが行われ、他のチーム員と交代して、私のデスクの正面にはのび太くんの代わりに、妖怪人間ベム(人間版)が座っているではないか。

どうやら、のび太くんは上司の厳しさに耐えかねて、上層部に申し出たらしい。
(ちなみに、のび太くんはその後もちゃんと出勤してます)

で、こんな理由(上司が厳しくて耐えられない)が正当に認められるのか。

「正当に」というのは、法令や規範に照らし合わせることだけでなく、感情を持った周囲の人間がどう思うか、ということも当然ながら含まれる。

会社で嫌なことがあるなんていうのは、人間が酸素が無いと生きていけないのと同じくらい当たり前の事で、だったらそもそも会社勤めなんかせず、サマージャンボ宝くじで1、2等を連番で当てるなり、起業して社長になるなり、あるいは会社の金を横領でもして海外へ逃亡するなりすれば良いではないか。

事務所の上層部は我々にどんな説明をしたか・・・

私が所属する事務所の上層部にも、さらにその上の上層部があるわけで、通常業務でのミスだけでなく、労務管理上の問題(今回の件は、これに該当するはず)も避けねばならない。

「皆さんのスキルが偏らないように、今回は2名(のび太くんと妖怪人間ベム(人間版))の異動を行いました。今回はその第1弾です。今後も随時、異動を行っていきます。」

う~む、敵?ながらあっ晴れ。
論理的には一分の隙もない・・・

いつの時代も、こうして世の中は統治されていくのか。


だが・・・ 何かが違う、何かが。。。

この違和感は何なのだ!!


確かに・・・・
人類はこれまで、色いろな意味での弱者を救済し、人類以外の動物に適用されるはずの「弱肉強食」や「自然淘汰」等から同朋を守るシステム(医療、法律、社会制度など)を構築することによって、人類という種を繁栄させてきた。

この先も、こうして零れ落ちそうな個体を救う事によって、種を繁栄させていくのだろう。


だが・・・・・

このような、ある種の「無菌状態」が進むにつれ、充足感が満たされない人も増えていくのではないだろうか。


特に、私を含めた武術、武道、格闘技などの愛好者たちは、この「無菌状態」に、何か満たされないものを感じてしまう人種のような気がするのだが・・・


お読み頂き、ありがとうございます。
クリックしていただくと、生きる勇気が湧いてきますよ。(by Sin)

  ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

武道 ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

難しい問題を出してきましたね。

武術でも時と場合で逃げる勇気が必要ですし、のび太氏の行動が悪とは言い切れず、かといってそれはメンタル的な弱さを肯定する事になるのでは?とも…

今回、今までで一番中身のある記事でした。

2015-06-13 19:29 │ from ああまちゃんURL Edit

ああまちゃん 様

武術的な思考でいけば、のび太氏の行動も自己防衛の一つの選択肢であって、正解の可能性もある訳ですが、それによって彼自身が被る目に見えない被害もあるわけで。

なかなか難しいですね。


>今回、今までで一番中身のある記事でした。

そう言って頂けるのは有難い気もしますが(自分から記事を書いておきながら申し訳ないですが)、私にとって一番大事なのは意拳の練習をする事で、ブログは一息入れる休憩所のようなものだと考えています。
意拳・太気拳をはじめとする武術、武道の愛好者の方々が気軽に楽しんで頂ければ、それでいいと思います。

今回はちょっと、話題が重すぎたようです。

2015-06-14 09:17 │ from SinURL Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。