恐るべし!走圏 - 意拳のタマゴ!

意拳のタマゴ! ホーム »  » スポンサー広告 »  » 意拳練習帖 » 恐るべし!走圏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐るべし!走圏

今週末も当然の如く、朝6時に起床して師匠の教えを受けに行って参りました。

週末になると意拳の練習会に参加するというのは、朝、起きたら歯を磨いて髭を剃るのと全く同義の日常的風景になりつつあって、誠に微笑ましいなどと自分で思っちゃったりなんかするのだ。

さて、高速道路とバイパスを車で1時間ほど飛ばし、このノリでついでに市街地に入っても引き続き20分ほど飛ばすと、右手に「なか卯」という、早朝にも関わらず営業している飯屋が目に入る。

そう、和食系ファーストフードの雄、牛丼の「吉野家」ほどではなく、吉野家の牛丼の肉よりも柔らかい肉を使用し、これまで私の中では不動の1位を占めていた「すき屋」もアルバイト従業員へのブラックな待遇の結果、早朝営業からの撤退を余儀なくされるという群雄割拠きわまる早朝朝めし戦争の中で、だからといって意拳練習会へ向かう私のルートは一つしかなく、そんな激烈な生き残りを賭けた競争社会で愛車にウインカーを出させ、見事、私の胃袋に取り入るという栄冠に輝いたのは・・・日本語的になんか変、と思うのは読者の方々だけでなく、そんな事はこの私も同じな訳で、とにかく毎回、この「なか卯」という店で、ハードな練習の前にカロリーをしこたま蓄えておく、という寸法なわけである。

・・・できれば「納豆定食」の卵は目玉焼きではなく、生卵にして頂きたい、という事をここに付記させていただこう。

さて、朝めしを済ませ、更に30分ほど走ると、ようやく意拳練習会の会場に辿り着く。

あ、それまでの間に、これまた右手に迫り来る「ファミリーマート」でアイスコーヒーSを嗜み、ちょっとトイレを拝借して下腹部を身軽にしておくのを忘れてはいけない。

それはともかくとして、今回の目玉は・・・「八卦掌」(!)

意拳の練習会とはいえ、師匠は陳式太極拳や八卦掌など、実に様々な種類の拳法にも精通しており、本来は套路で体を練っていくもののようであるが、師匠が修得したものの中から基本原理といえるものを抽出して教えて頂いている。

本来であれば師匠のように、全て学んだ上で自分のものとしていくべきであろうが、4?際の勤め人であり、しかも才能のカケラもない自分が、今から習い始めてマスターするなんていうのは、全くの夢物語でしかあり得ず、ヘソが茶を沸かしてしまったり、吉本新喜劇のアホの坂田並みに偉大なちゃんちゃら可笑しさなんである。

それはともかく、降龍椿で足がプルプルした後の八卦掌の走圏、まずは基本中の基本、腕に螺旋をかけ、掌は下向きに股関節の高さに置き、臀部を丸く収め、決して踵から着地させない。

慣れない自分はすぐに腕が疲れてしまい、上半身の形がすぐに崩れてしまうが、これはイケナイ。
先の大戦におけるアッツ島守備隊の如く、なんとしても腕の螺旋を死守せねば・・・!

なぜか以前の空手仲間が、彼のブログで八卦掌の走圏のyoutube動画をUPしてくれていたが

確か、コレ
  ↓



こんなユルユルお気楽なものなら、さぞかし幸せなことであったぞよ。

ただ、その彼は、お笑い系マラソンランナー(仮装系)でもあり、この姿勢で3キロだか5キロだか、天下の国道1号線を走ったというのだから恐れ入る。
何より衆人の注目を一身に集めながら走ったというのだから、その度胸たるや半端ではない。
彼は空手だけでなく、柔道も黒帯の腕前なのだが、度胸を養う意念活動でもしているのだろうか。

それはともかく、師匠が言われるには、八卦掌の走圏には三種類(上盤、中盤、下盤)あって、今回は上磐と呼ばれる、最も楽ちんな姿勢。(それでも動画のようなお気楽ラクチンなものよりは断然キツイ姿勢なのだが)

夏のプチ合宿では、下盤と呼ばれる最も姿勢の低いものもやってみた(やらされた?)が、八歩で回る円周の一回りも出来なかったような記憶が・・・

更に7種類、合計で8種類の上半身の形で走圏をやったが、見事に汗びっしょりになり・・・

師匠曰く、「これは基本中の基本。まだ八卦掌の入り口にも辿り着いてませんよ。」

この後、我々は推手をしていたのだが、その間も八卦掌メインの「八卦師兄」は八卦掌を独りで黙々と・・・

やっぱ意拳にしといてよかった! 

・・・ などと不謹慎な事を考えたことは天地神明に誓って一度もないことを、この場を借りて断言しておく。


お読み頂き、ありがとうございます。
クリックしていただくと、走圏にもヘコタレずに済みますよ。(by Sin)

  ↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ
にほんブログ村

武道 ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

へそでお茶沸かせるのは坂田師匠だけ

Sin様、こんにちは!お笑い系マラソンランナーです。私を取り上げていただきまして、ありがとうございます。嬉しいです。

他の走法の動画を見て、
「こんなに腰を落とすのかー!」
と驚いてしまった、お笑い柔道家です。今度は昼間にやってみよう(笑)。
走法の他の動画を拝見しますと、腰を落としてすり足で走ってるのもあるんですね。凄いなあと思いました。試してみたら10歩でギブアップ。

走法とは関係ないのですが、
「ヘソが茶を沸かしてしまったり、吉本新喜劇のアホの坂田並みに偉大なちゃんちゃら可笑しさなんである」
もしかして昔の坂田俊夫師匠の番組(40年ぐらい前)を見ていたのですか?
♪~みんな、みんなみんなみんなお臍でお茶沸かせ~
坂田!臍で茶わかせるか?
へえそお!
というテーマソングをご存知でしょうか?
御存じで上の記述を書かれたのなら、吉本新喜劇マニアですよ!嬉しいなあ!

2015-06-15 21:19 │ from T岡URL Edit

T岡 様

こんにちは!

えーとですねぇ、そのテーマソングは分かりませんです。

誠に申し訳ございませぬm(__)m

ビミョーに世代がズレてるのかなぁ・・・

あるいは文化圏の違いか?!

今でも土曜昼のTV放映はちょくちょく見るのですが。。。

2015-06-16 07:47 │ from SinURL Edit

残念!私の勘違い

Sin様、こんにちは!
私の勘違いだったようです。とほほほ。

小学校時代からコメディNo1の坂田師匠が大好きで、大阪在住の頃はTVにかじりついておりました。
私の好きな坂田師匠の歌は、世界的名曲「恋のマイアヒ」をパクった「恋のマイアホ」なんですが、誰も知らんやろなあ。

2015-06-17 19:34 │ from T岡URL Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。